調べてみるほどに面白い企業であるしまむら。当サイトでは、ファッション小売業で日本で第2位のしまむらを徹底的に解剖しています。


スポンサードリンク

お客様の味方であるしまむら

しまむらがこれだけ大企業になった要因のひとつに、常にお客様の動向を考えているということがあります。アパレル業界の低価格競争を引き起こしたのは、しまむらでもあり、もうひとつのアパレル業界の巨人ユニクロでもあります。

企業としてはなるべく利益を上げたいと思うのは当然のことで、服の生産拠点がアジアに移ってもなかなか一挙に値下げということは行いませんでした。ところが、しまむらやユニクロなどは洋服の価格をグンと下げて、社会のニーズに即した戦略を取ったのです。いわば、お客様の味方をしている企業ともいえるでしょう。

これに伴って、他の洋服小売店なども徐々に低価格戦略を取り入れていったというより、追従するしかなかったわけですが、多くの場合しまむらのように独自の物流システム(本来物流を担っている問屋が入らない)を構築したり、コンピューターを使って効率化を図るなど、より質のよい服をより安くするという努力はなされていなかったのでしょう。これが今のしまむらの強みになっているのかもしれません。

低価格でも品質のよい洋服が当たり前になっている現在、時代のニーズはよりファッション性が高くオリジナリティがある服に変化してきています。しまむらはプライベートブランドを増やす、トレンドをより追求するなどの戦略を行い、ユニクロはベーシックなスタイルの洋服からトレンド志向はもちろん、付加価値のある洋服や付随するものの開発に余念がありません。

世の中の動向をいち早くキャッチし、顧客の立場に立った戦略というのは別にアパレル業界に限ったことではありませんが、よりトレンドが変化しやすいアパレル業界においては勝ち組になる条件の第一なのでしょう。

ファッションセンターしまむらの通販サイトを探している方も多いかと思いますが、調べた限り通販は行われていないようです。⇒⇒⇒しまむら並の安さで購入できるのはやはりコチラですね!


edit