調べてみるほどに面白い企業であるしまむら。当サイトでは、ファッション小売業で日本で第2位のしまむらを徹底的に解剖しています。


スポンサードリンク

しまむらのプライベートブランド

皆さんご存知ないかもしれませんが、しまむらにはたくさんの種類のプライベートブランドがあるんです。そもそもプライベートブランドとは、独自の商品を製造して自社(そのお店)でしか買えない洋服(洋服小売の場合)を顧客へ提供するものです。しまむらの売り上げに占めるプライベートブランドの割合も年々増加しているそうですから、しまむらに洋服を買いに行かれたことがある方はきっと目にされているはずです。

しまむらの中心となる婦人服では、代表となるブランドのセオリアやカラーリンゲム(ティーンズ向け)などといったプライベートブランド。そしてインナー系にはフロイデなど、メンズ向けや子供向けの洋服にもプライベートブランドが用意されています。

そして特徴的なのが、しまむらのプライベートブランドへの考え方で、他の洋服小売店とは少しちがっています。普通プライベートブランドをメーカーに発注する時には、服の使用やコンセプト、デザイン、価格などをメーカーと折衝して製造に至るわけですが、しまむらにはデザインを創造する要員はひとりもいないのです。

ですので、前述のような服の仕様等々はメーカー側へ注文するとしても、デザインはメーカーに任せるということになります。かといって、どんなデザインでも何でも来いというわけではもちろんありません。しまむらはその代わりデザインを含めて、品質の検査を他の小売店より厳しく行っているのだそうです。顧客にはよい商品が提供されるのでしょうが、ある意味メーカー泣かせですね。

高い品質のものをより安く提供しようというしまむらの姿勢には、皆さんも共感できるものがあると思いませんか!

ファッションセンターしまむらの通販サイトを探している方も多いかと思いますが、調べた限り通販は行われていないようです。⇒⇒⇒しまむら並の安さで購入できるのはやはりコチラですね!


edit