調べてみるほどに面白い企業であるしまむら。当サイトでは、ファッション小売業で日本で第2位のしまむらを徹底的に解剖しています。


スポンサードリンク

しまむらの服はなぜ安いのか

しまむらはなぜ安い(安いを通り越して激安です)とはいっても、当然ファッションセンターしまむらを売っているわけではありません。もし売っていたとしてもものすごい金額なので、我々庶民は買えません(笑)

しまむらが販売している洋服がなぜ安いのか考えてみたいと思います。筆者はしまむらの関係者ではありません。想像で書いている部分もありますので妙な誤解のないようにお願いいたします。

○しまむらは問屋の概念を変えたから
問屋さんも生活がかかっていますから、生産者と販売者の間に入り中間マージンで利益をあげています。しまむらは自らのリスクを犯してでも完全買取を実施し、供給者から原価を抑えて仕入れをしています。また、問屋の代わりになるともいえる、しまむら独自の物流システムを構築して物流コストを大きく抑えています。

○業界で最も多いパート比率
人権費は企業にとって大きな経費ですね。しまむらはパート社員の比率が業界で最も高く8割を超えるとされています。ただ、しまむらはパート社員をこき使って安い賃金で働かせるというわけではありませんから誤解されないように。地域で差があるのは当然ですが、その地域でも高い方の時給ですし、パートさんにも正社員の方と同じく、年2回のボーナスがあるそうです。

それでも、正社員と比較すれば年収は低いはずですから、パートさんの比率が高くなれば高くなるほど人件費は削減できますよね。

○徹底した効率主義
1000を超える全店舗をオンラインで結び、コンピューターで情報管理を行っている。これによって、地域差による売れる商品と売れない商品を定め、独自物流を使った店舗間移動で物流コストを低減するなど徹底しています。

いずれも低価格で洋服が販売可能な理由になります。結局は我々消費者にとってメリットが大きいシステムをしまむらは構築しているのです。

ファッションセンターしまむらの通販サイトを探している方も多いかと思いますが、調べた限り通販は行われていないようです。⇒⇒⇒しまむら並の安さで購入できるのはやはりコチラですね!


edit